フリーゲーム紹介・攻略まとめ

無料で遊べるPC用のRPGが中心です

ファイアーエムブレム風SRPG「ヴェスタリアサーガ外伝」が遂に完成!元FE開発者から再度の挑戦状!パート1

コメント(0)

フリーゲーム界をにぎわせた、伝説のFE風シミュレーションRPG「ヴェスタリアサーガ」に続編が登場!あの「FEシリーズの生みの親」加賀昭三氏の手ごわい作品が、さらにパワーアップして帰ってきた!

パート1では、ゲームの紹介やリンク集を掲載しています。
パート2へ
前作「ヴェスタリアサーガ」はこちらで紹介しています。

2016年9月、青天の霹靂のごとく、その作品は出現した。

Vestaria SagaⅠ「亡国の騎士と星の巫女」
公開:2016年9月5日
制作:Vestaria Project
ジャンル:シミュレーションRPG
価格:無料
使用ツール:SRPG Studio
動作環境:Windows7以上

ファイアーエムブレムシリーズの生みの親「加賀昭三」氏が手掛けた、完全オリジナルストーリーのSRPG作品。全20章+αの長編。通称「VS1」。記念すべき第1作目で、ヴェスタリアサーガの全てはここから始まる。フリーゲームなので、PC1つあればいつでも遊べる。以下の作品も同様。

あの「FEシリーズ生みの親」加賀昭三氏が、元プロの手腕を駆使してフリーゲームを作ってしまったのだ!フリゲ界のみならず、多くのFEファンをも虜にしてしまったのは、まだ記憶に新しい。

Vestaria Saga on Steam
世界でも話題になり、Steamでは英語による翻訳版(English Version)も公開された。公開日は、2019年12月28日。
正式タイトルは「Vestaria Saga I ーWar of the Scionsー
(サブタイトルの読みと訳:ウォー・オブ・ザ・サイオンズ、御曹司たちの戦い)

それから2年半の時を経て、全国のVSファンが待ち望んでいた期待の超大作「ヴェスタリアサーガ外伝」が2019年3月、ついに完成した!

豪華スタッフ陣は、外伝でも健在!
フリーゲームなのに、スタッフは全てプロ!

【Vestaria Project】(開発メンバー)※敬称略
●企画・制作:加賀昭三(ファイアーエムブレムシリーズ・ティアリングサーガシリーズ)
●キャラクターデザイン:広田麻由美(トラキア776、ティアリングサーガ)、他
●音楽:齋藤博人(ベルウィックサーガ)
●他、スタッフ数名

外伝作品の概要

Vestaria Saga 外伝「シルヴァビルヒの聖なる剣」(Vestaria Saga EP2)
公開:2019年3月27日
制作:Vestaria Project
ジャンル:シミュレーションRPG
価格:無料
使用ツール:SRPG Studio
動作環境:Windows7以上

第2作目で、上記「亡国の騎士と星の巫女」のその後の物語。全25章+αの長編作品。外伝と銘打っているが、ストーリーはVS1から続いており、事実上の続編にあたる(エピソード2としている)。ボリュームや難易度は、前作を上回る大作となっている。通称は「ゼイド外伝」。

Vestaria Saga 外伝「ルッカの英雄」
公開:2019年3月27日
制作:Vestaria Project
ジャンル:シミュレーションRPG
価格:無料
使用ツール:SRPG Studio
動作環境:Windows7以上

本作は文字通りの外伝で、初代VSⅠの第1章に登場した、ルッカ村の仲間たちが主人公の物語。ゼイドたちが到着するまでの前日譚を、全4章のショートストーリーでまとめている。本作のメイン制作は、VSスタッフ数名が手掛け、加賀氏が監修を行っている。通称は「ルッカ外伝」。

ヴェスタリアサーガ本編と外伝の違いをいくつか紹介

シルヴァビルヒの聖なる剣」の内容になります。VS関連の基本情報については、公式サイトなどを参照してください。また、本ページで「ヴェスタリアサーガ」を初めて知った方は、ぜひ前作「亡国の騎士と星の巫女」からプレイしてください。外伝にストーリーがつながりますので、より一層外伝作品が楽しめます。

難易度について

難易度選択
2つのモードがあり、ゲーム開始時に選択する。

通常」は、前作と同じく制作者が推奨する基本モード。ただし、本作は前作を上まわる高難易度のため、初めてプレイする際の最低条件は、前作を「通常」でクリアしていることとしたい。
救済」は、少し難易度を低くしたモード。「通常」では難しいと感じる人、ストーリーをメインに楽しみたい人は、こちらを選択したい。それでも決して「簡単」ではないので、SLG中級者向けとなっている。

救済モードについて①
「救済」では、ゼイドの指揮官スキルが「メレダの英雄」となり、ゼイド出撃時に他の仲間全員の攻撃・防御・魔防にそれぞれ+2のボーナスがつく。これは前作とほぼ同様のシステム(前作ではヒロインのアトルが担っていた)。

本作ではこれに加え、所持金が+8000デナと上乗せされる。さらに、ゼイドの専用武器「ロードアスラル☆」の耐久が60と、2倍に増強されている。

救済モードについて②
「救済」だけに登場するイベントが存在し、強力なアイテムがプレゼントされることがある。また、マップ上で拾えるアイテムが、より良いアイテムに代わっている場合がある。

「通常」をクリアした人も、2周目は「救済」でプレイし、違いを探すのも面白いだろう。もちろん、先に「救済」をクリアした人が、2周目は「通常」に挑戦してみるのもありだ。

キャラクター

味方ユニット
本作もゼイドが主人公。仲間は、序盤は前作からのおなじみのキャラクターが続く。物語が進むと、徐々に新キャラクターも加わっていく。

ゼイドを含め、今作では最初から上級職でスタートすることが多いのが特徴だ。また、全体的にステータスの上限が低めに設定されている。このため、力に頼らず戦略を考えてゲームを進めることが大切。なお、レベルの上限は30と、前作に比べて多くなっている。

敵ユニット
敵にも新職が登場する。例えば、バリスタと呼ばれる超長距離弓兵。射程はロングアーチャーを上回る、最大12を誇る。そのうえ、攻撃力や命中率も高い。

7マス以内に近づけば無力になる弱点はあるが、たいてい近づきにくかったり、複数で弱点をカバーする配置になっている。厄介な存在だ。その他、新しい魔物型ユニットなども登場する。

クラスチェンジ(Class Change、CC)
原則として、下級職で登場する一部のユニットが可能。前述のように、味方は上級職としての登場がほとんどのため、クラスチェンジできるユニットは少ない。

今作では、クラスチェンジアイテムは廃止されたため、とある固定の場所でイベントとして行われる。また、レベルは据え置きとなる。このため、機会があればすぐにCCする方が良いだろう。

出撃準備・ストック

ストック
本作では、ゼイドのストックがなくなり、序盤に登場する荷馬車ユニットの「ジョナサン」が担当する。出撃準備では気兼ねなく使えるが、マップ攻略中に使うには、戦闘力0の彼を出撃させる必要がある。

今作では、戦略中は所持数に空きがないと、お店でアイテムを買うことができない(お店以外なら空きが無くても自動送還される)。このため、ストックがあると便利だが、その分戦力が落ちてしまう。
なお、彼は倒されても撤退するだけで、次の章から復帰する(NPCの時は×)。また、薬草摘みのスキルがあるのもメリット。荷馬車には孫娘のセナも同乗しており、薬草摘みは彼女が担当している。

ジョナサン商店・セナ商店
前作の「買取屋」とほぼ同じシステム。出撃準備画面で、アイテムの売買が出来る。通常は、ジョナサンが担当し、安い武器などを販売する。

章によっては、孫娘のセナが担当し、高価な道具や魔法、魔法の武器などを販売することがある。セナ商店が開くことは少ないので、見かけたら杖や魔法などを補充すると良いだろう。
ストーリー上、ジョナサンが居ないときは、ストックや商店が使えない。どの章にもあるわけではないので、アイテムの管理には注意が必要だ。

新システム

居酒屋
おなじみの「武器と道具の店」「レアショップ」以外に「居酒屋 蒼い馬亭」という新店が登場。お店がある章には必ず存在する。

200デナリスを支払うと、4つのメニューから1つ料理を注文できる。食べたキャラはその章の終了まで、メニューに応じたステータスup効果がずっと続く。値段の割に有効なので、見かけたら利用しておくのも良い。お金がある限り、何人でも無制限に利用でき、一人で複数の効果をつけることも可能。
ただし、1人で同じメニューを2回頼んでも、効果は重複しないため、お金が無駄になる。また、断っても行動済みとなってしまうので、激戦の時は気を付けよう。

乗り降り
イーグルライダーなどの鳥獣系ユニットは、専用アイテム「神獣の宝珠」を所持している。このアイテムを使用することで、行動を消費して乗り降りができる。乗っている間は飛行ユニット、降りている間は歩行ユニットになる。

特性として、飛行ユニットは槍が使える、移動力に優れる、弓が弱点、屋内の移動不可。歩行ユニットは、槍が使えない、移動力が落ちる、弓の弱点がなくなる、屋内の移動可。うまく使い分けよう。

捕縛
原則、ゼイドの専用コマンド(例外あり)。一部の敵ユニットを殺さずに降参させ、捕えることが出来る。捕えることが出来るのは、名前の右側に☆マークがついているユニットのみ。そして、HPを10以下にすることが条件だ。

もちろん殺してしまってはダメ。条件を満たし、ゼイドで隣接すると、捕えるコマンドが出現する。捕えた仲間は、その場で降参しマップからは離脱していく。その際にアイテムをくれたり、場合によっては次章から仲間入りするなど、メリットが必ずある。☆マークのつく敵を見かけたら、どんどん捕縛していこう。

公式サイト

ヴェスタリアサーガ公式サイト
ダウンロードはこちらからどうぞ。本編・外伝2作の、全3作品が公開されています。
ヴェスタリアサーガ公式ツイッター
開発状況などの発信。
D’sノート
VS代表者・加賀昭三氏のブログ。

攻略サイト

神攻略Wiki
外伝の他、前作ヴェスタリアサーガⅠの攻略も扱っています。

 

攻略ブログ

D’sノート
一部の難しいマップの必勝法を製作者自ら伝授。
Platt.gg
ルッカ外伝の1章や4章のボスを攻略するやり込み。
たなしょーの呟き
ゼイド外伝の目安レベルつき。

交流掲示板

5ちゃんねるゲームサロン板

イラスト(シリーズ共通)

ヴェスタリアサーガ (ゔぇすたりあさーが)とは【ピクシブ百科事典】
PIXIV。イラスト・小説など。
ヴェスタリアサーガのTwitterイラスト(ブヒッター)
キャラクターの似顔絵ツイート。
更新履歴 VS
ファンブログ。

ツイッター検索

ヴェスタリアサーガ外伝 – Twitter検索
ゼイド外伝 – Twitter検索
ルッカ外伝 – Twitter検索

スタッフのツイッター

【外伝2作共通】
音楽、齋藤博人氏。
ドット絵、ドットおじさん氏。
キャラCG、あすべる広田麻由美)氏。
キャラCG、笛吹りな氏。
キャラCG、文月悠(桐原湧)氏。
キャラCG、狐リンゴ氏。
制作助手・ルッカ外伝のシナリオ、高崎ナオト氏。
【ルッカ外伝のみ】
マップデザイン、アインス氏。
制作助手、ケンプク氏。

先頭へ パート2へ

コメントを書き込む


Protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

まだコメントがありません。

×