フリーゲーム紹介・攻略まとめ

無料で遊べるPC用のRPGが中心です

世界樹の迷宮とゆるドラシルが夢の共演!新生「ゆるドラの迷宮(新)」を攻略!パート6

コメント(4)

パート1 ゲーム概要・職業の紹介
パート2 アイテム・素材
パート3 ミッション・依頼
パート4 第1階層・第2階層攻略
パート5 第3階層・第4階層攻略
パート6 クリア後攻略・他

クリア後攻略

クリア後FOE レッドドラゴン

クリア後の依頼で、B7Fに出現するFOE。
大きく息を吸い込む:ファイアブレス準備+弱体化
ファイアブレス:全体に炎の大ダメージ+弱体化
ドラゴンクロー:1列に攻撃+腕封じ
インフェルノ:1列の2人に炎攻撃
ドラゴンビート:ランダム6回攻撃+スタン
火竜の猛攻:3ターン自身の物理・特殊攻撃力を上昇
火竜の激震:全体攻撃+脚封じ
しびれる咆哮:3ターン全体の物理・特殊攻撃力ダウン+麻痺
大きく吸い込むは、初ターン以降5ターン毎。
ファイアブレスは、吸い込んだ直後。
上記2ターン中は、防御が弱体化。
火竜の猛攻は、ターンの最後にランダム使用。
スルトと同じく、攻撃は炎属性・弱点は氷属性と、非常にわかりやすい相手。耐熱ミストは常に維持しよう。それだけではファイアブレスに対して不十分なので、ファイアプルーフなどで補助する。ブレイクなどで特殊属性攻撃力も下げておくとさらによい。ヒルドは、フリーズンブローと鉄火打ちで、弱化をなすりつけてやるといいだろう。麻痺を受けやすいので、気になるなら耐痺のお守りをつけておく。封じ技も多いので、テリアカαも多めに用意。攻撃は、氷属性の武器かフリーズオイルを付加して行おう。息を吸い込むとファイアブレスのターンは、防御が弱体化しており、ダメージを与えやすい。ここは大ダメージを与えるチャンスなので、ターンは常にチェックしておこう。
息を吸い込むターン 1・・6・・11・・16・・21・・・続く
目安レベルは65、経験値は1400000。

クリア後FOE 極夜に沈む刻の輪廻

バリアチェンジ一覧
便宜上、上からバリア①、バリア②、バリア③とする。

初期状態はバリア①で、以降3の倍数ターンの行動後に変化。③まで進むと①に戻り、以下ローテーション。

行動パターンは、睡眠などで動きを止めるとその分遅延する。その場合は、ターン数とずれるので注意。

クリア後の依頼で、B11Fに出現するFOE。
バリア①の技
汝、力を捧げよ:1列に攻撃+3ターン物理・特殊攻撃力ダウン
我は軟弱を嫌う:前後に攻撃+3ターン物理・特殊防御力ダウン
滅ぼす風:1人に999ダメージ
バリア②の技
我に触れるな:攻撃に対して反撃、先制で発動
シールドブースト:3ターン全員の物理・特殊防御力を上昇
黒き烙印:全体の強化解除+暗闇か呪い
バリア③の技
バーンクライシス:ランダム2~5回炎+3ターン封じ・状態異常耐性ダウン
タイダルウェイブ:全体氷攻撃+脚封じ
レッテドンナー:全体雷攻撃 腕技
その他の技(行動とは別)
刻の傀儡を呼ぶ:HP減少に応じて取り巻きを呼ぶ
バリアチェンジ:特性を変える
対策
我に触れるなのターンは本体に手を出さずに、回復や強化・状態異常・カウンター狙いなどに努めよう。ただし、先制スキルやクイックオーダーによる行動なら攻撃しても問題ない。また、睡眠攻撃などで動きが止まれば反撃されない。だが、行動パターンがわかりにくくなるので、動きを止めるのは避けた方が良いだろう。③では、3種類の属性を軽減できる絶耐ミストを使っておこう。敵の数が多いので、普通に攻撃するよりも、カウンター系スキルを使う方が効果的。
取り巻きは、倒してもほぼすぐに呼び出されるため(4種類の上に、それぞれ細かくHP減少の設定で呼ばれる)、積極的に倒す意味はほとんどない。といって、動きを止める状態異常も効きづらい。スキルやアイテムなどで守りを固めながら、カウンターや全体攻撃で本体にダメージを与えるついでに攻撃していく、といった戦い方になるだろう。特に、我に触れるな・黒き烙印など攻撃をしにくい時はカウンターガードを狙っておくとよい。また、バーンクライシスなど全体攻撃の時は、シールドリベンジのねらい目だ。
目安レベルは80、経験値は2000000。
レアドロップは、睡眠状態で倒す。
レアドロップを解剖用水溶液なしで狙うなら、②がやりやすい。ただし、眠らせた後に一撃で倒さないとすぐ目が覚めるので注意。
前衛の左右に出現。ステータスや特性は両者同じ。
行動パターンは番号順。
クロノソードマン
①神速突き:先制で前後に突攻撃
②ストームエッジ:ランダム3~5回斬攻撃
③撫で斬り:1列に斬攻撃
クロノウォリアー
①ヘッドバッシュ:ランダムに2回攻撃+頭封じ
②ランタマイザ:3ターン1人の物理・特殊防御力・回避をダウン
③アームスマイト:ランダム2~3回攻撃+腕封じ
後衛の左右に出現。ステータスや特性は両者同じ。
行動パターンは番号順。
クロノメイガス
①霰打ち:ランダム3回氷攻撃
②火炎弾:ランダム2~3回炎攻撃
③スタンスパーク:ランダム3~5回雷攻撃+スタン
クロノドルイド
①ハートクラック:全体に混乱
②ポイズンシード:全体に毒
③ヒーリング:本体のHPを2000回復
極夜に沈む刻の輪廻の実戦動画
動画一覧

EXボス エンペラードラゴン

神竜に挑戦
ゲームの全てを極めていると、挑戦することができる。
図鑑を制覇してユグドラリングをもらった後、酒場にいるナターシャと話すと、聖樹頂上が出現する。

エンペラードラゴン
体は本体を含め、5つの部分に分かれている。本体は胴体部分で前衛。本体に直接封じはかけられないが、取り巻きを倒すと自動的にかかる。封じは、それぞれの部位が復活するまで解けない。スーパーノヴァ以外の行動は、原則ローテーション。本体を倒せば勝利確定。

使用技
スーパーノヴァ:全体に無属性超ダメージ 封じ不可
グレイトハウル:全体攻撃+頭封 頭技
デストロイアーム:全体攻撃 腕技
メガロクエイク:全体攻撃+3ターン物理・特殊防御力ダウン  脚技
魔の障壁:特殊属性攻撃を無効化 封じ不可
力の障壁:物理攻撃を無効化 封じ不可
障壁は交代制。丸数字は使用ターン。
⑤魔 ⑨力 ⑬魔 ⑰力 ㉑魔 ㉕力 ㉙魔 ㉝力・・・以下続く
対策
まず、レベルをMAXにし、装備は最強の物を揃えよう。使う攻撃スキルのレベルもMAXに。最初のターンに使ってくるスーパーノヴァの威力に驚かされるが、取り巻きが少なくなるほど威力が落ちる。取り巻きのHPは最初は減っている状態なので、ウェポンブレスなどで強化して、レッテドンナーや輝く吐息などで攻撃すれば、一気に殲滅できる。1体程度なら残ってしまっても、スーパーノヴァは怖くない。その後は、しばらくエンペラードラゴンはスタンや封じにかかって大人しくなるので、最強の攻撃技でどんどん攻撃していこう。しばらくすると、取り巻きが徐々に復活していくが、今度はHPがMAXになっている。全部復活してしまうと、スーパーノヴァに耐えられなくなるので、その都度ドラゴンと合わせて攻撃しておく。全部の部位がそろわない限り、ノヴァを発動されることはない。力の障壁や魔の障壁のときは、それぞれ無駄のないように行動しよう。例えば、物理攻撃であっても、炎の属性がついていたりすると、魔の障壁では無効にされてしまうので注意。終盤あたりでドラゴンに石化を狙いたい。ペトラステッキや石化の香を用意しておこう。もちろん、高レベルの石化スキルがあれば理想的。石化にかけるのは難しいが、決まれば数ターン動かなくなるので、この間に一気に攻撃すれば勝ちやすい。なお、本体が石化にかかっていると、他の部位も動かない。楽しようと、最初の方で石化を決めてしまうと、次からは効きづらくなるので注意。ボスの攻撃はパターン化されているので、慣れてくれば普通に戦って勝つことも十分に可能だ。
目安レベルは99、経験値は3000000。

万象を見通す瞳
取り巻きその1。頭の部分で前衛。
この部分を倒すと、全体に頭封じがかかる。
倒した後、一定ターンで復活し、頭封じが解ける。
行動は、原則ローテーション。
すべて頭技。

真理の眼差し:敵全体の強化を解除
動乱の眼差し:敵全体に暗闇
悟りの眼差し:味方全体の弱化を解除
安寧の眼差し:3ターン敵全体の回避をダウン+眠か石か死

破壊と撃攘の竜腕
取り巻きその2。腕の部分で前衛。
この部分を倒すと、全体に腕封じがかかる。
倒した後、一定ターンで復活し、腕封じが解ける。
行動は、原則ローテーション。
すべて腕技。

レッグハンガー:前後に攻撃+腕封じ
刃砕き:一列に攻撃+脚封じ
竜爪乱舞:ランダム3~5回攻撃+頭封じ
緋凍掌:全体に氷攻撃

覇道を歩む轟脚
取り巻きその3。足の部分で後衛。
この部分を倒すと、全体に脚封じがかかる。
倒した後、一定ターンで復活し、脚封じが解ける。
行動は、原則ローテーション。
すべて足技。

ヘヴィスマッシュ:全体攻撃
飛竜乗雲:3ターン味方全体の物理・特殊攻撃力アップ
阿吽の尾撃:味方の攻撃に追撃
碧雷閃:単体に雷攻撃

気高き至天の翼
取り巻きその4。翼の部分で後衛。
この部分を倒すと、全体にスタンがかかる。
倒した後、一定ターンで復活する。
行動は、原則ローテーション。
すべて封じ不可。

プリベントガスト:3ターン全体の物理・特殊攻撃力ダウン+スタン
エアシューター:ランダム3~5体に攻撃
暴風:全体攻撃+3ターン命中率ダウン
黒焔翔:ランダム4~6回炎攻撃
エンペラードラゴンの実戦動画
動画一覧

EXボス ヴァルキリー

刻の狭間
エンペラードラゴンを倒すと、B20Fラスボスの後側に、迷宮磁軸が出現する。調べると、刻の狭間という空間に出る。中央にはボスがおり、触れると戦闘になる。後にある迷宮磁軸は脱出口。

ヴァルキリー
最後のおまけボスで、最大最強の敵。
目安レベル99、経験値は3000000。

勝った後は、宿屋に14回泊まると復活する。

このボス戦では、負けてもゲームオーバーにならず、戦闘中に使用したアイテムは全て戻ってくる(勝利した場合は戻らない)。生半可な相手ではないが、戦って負けてもデメリットはないので、安心して挑戦してみよう。また、最初から特性が見られるようになっているので、解析グラスは不要。

耐性変化一覧
上段を①、中段を②、下段を③とする。
初期状態は上図ステータス画面で⓪とする。
変化するのは、物理耐性と特殊属性耐性のみで、
状態異常と封じ耐性は変化しない。

⓪は5ターン目までで、バーンスレイヤー後に①、ブリザードプリズン後に②、インペリアルプロント後に③に変化する。以降、⓪に戻ることはない。
ただし、特殊属性技を封じたターンは、耐性変化をしない。
例:5ターン目にバーンスレイヤーを封じていれば、①にならず⓪が続く。

使用技

トリニティフェザー前後3体に突攻撃+HP吸収+3ターン物理・特殊防御力ダウン 腕スキル
光速剣先制で前後2体に斬攻撃+スタン 腕スキル
神域3ターン全体の物理・特殊攻撃力ダウン+毒か混乱か睡眠 頭スキル
アナイアレイト全体強制即死(HPが半分以上または耐死のお守りがあれば無効) 頭スキル
バーンスレイヤー全体炎攻撃+強化リセット 腕スキル
ブリザードプリズン全体氷攻撃+低確率で石化 頭スキル
インペリアルプロント全体雷攻撃+3ターン自身の回避率をアップ 脚スキル
高潔の翼3ターン自身の物理・特殊攻撃力+物理・特殊防御力アップ(2枠) 頭スキル
ミスティックドライブ全体攻撃+暗闇か麻痺
流転剣ランダム5~7回斬攻撃+ランダム封じ 腕スキル
ヘブンズアドプション1人に大ダメージ 腕スキル
激しい光ターンの最後にランダム2~5回微弱ダメージ。行動とは別。発動はランダム。
耐性変化ターンの最後に耐性が変化する。行動とは別。特殊属性技のターンに発動。
バーンスレイヤーなどの特殊属性技は、第2段階までは5ターン毎のローテーション。高潔の翼のタイミングに重なると、高潔の翼が優先され、以後使用ターンが遅れます。
(5)バーン (10)ブリザード (15)インペリアル (20)バーン (25)ブリザード
(30)インペリアル (35)バーン (40)ブリザード (45)インペリアル ・・・

行動パターン

❶第1段階(スタート~残りHP80%まで)
①トリニティフェザー
②光速剣or神域(順番はランダムで1回ずつ)
③光速剣or神域(順番はランダムで1回ずつ)
④アナイアレイト
⑤バーンスレイヤー+耐性変化1
⑥~⑧トリニティフェザーor光速剣or神域(順番はランダムで1回ずつ)
⑨アナイアレイト
⑩ブリザードプリズン+耐性変化2
⑪~⑬トリニティフェザーor光速剣or神域(順番はランダムで1回ずつ)
⑭アナイアレイト
⑮インペリアルプロント+耐性変化3
⑯~⑱トリニティフェザーor光速剣or神域(順番はランダムで1回ずつ)
⑲アナイアレイト
・・・・以下⑤に戻って繰り返し
❷第2段階【残りHP80%~50%まで】
第2段階に入ると、最初に高潔の翼を使います(第2段階スタートの合図、5の倍数ターン以外)。
あとは、第1段階の⑤以降と同じ(第1段階の続き)。
ランダム技にミスティックドライブと流転剣が追加されます。
アナイアレイトもランダム技になり、規則性はなくなります。
❸第3段階【残りHP50%~30%まで】
第3段階でも、最初に高潔の翼を使います。
ランダム技にさらにヘブンズアドプションが追加されます。
バーンスレイヤーなどの特殊属性技は、高潔の翼使用後4ターンごとに使用。
❹最終段階【残りHP30%~勝利まで】
最終段階でも、最初に高潔の翼を使います。
行動は、第3段階と同じです。

対策

倒されることが一番面倒なので、カスタムではHPや防御力、状態異常・封じ耐性や各種回復能力を優先してMAXにしておく。耐性を上げられない職なら、セフィロトの指輪などでカバーしよう。アイテムは、アムリタⅡなど基本的なものの他、ヒギエイアの杯もあればいざという時に安心だ。呪いが弱点だが意外に効きやすくもないので、石化も含めてあまり状態異常狙いに拘らなくてもよい。封じも含めて、攻撃のついでに狙っておく感じで良いだろう。前作ほど嫌らしい攻撃はないので、アイテムが豊富にあればゆっくり戦っても問題ない。第3段階以降は、特殊属性技の使用周期が4ターンおきと短くなるので、常にボスの特殊攻撃力を下げ、絶耐ミストを切らさないように使っておくと良い。
ヴァルキリーの実戦動画
動画一覧

6人目の仲間

イベントや依頼で、一時的に仲間になるキャラは全部で5人。それぞれ紹介する。
レティとエルザは、ステータスを確認することができるが、レベルや装備・スキルは固定。

①レティ

レベル:35
職業:ウィザード
場所:B11F探索時(ストーリー)
ダンジョン中で何度も出会うメインのサブキャラクター。頼りなさそうに見えるが、なかなか優秀なウィザード。

レティは、フリーズプルーフを習得していないので、彼女を入れてFOEと戦うなら、何らかの氷属性対策を用意しよう。B11Fにいる間は連れ歩けるので、彼女がいる間にレベル上げをするのも一策。

②エルザ

レベル:60
職業:ソードマン
場所:B2F探索時(B15F依頼)
統治院の統括者だが、見た目に反して凄腕の大剣使いであった。

せっかくの強さだが、B2Fでしか連れ歩けず、試し切りにする相手が弱すぎるのが残念。ただ、依頼としては楽に達成できるので、ボーナスイベントといえそうだ。

③ルルイエの触手

レベル:不明
職業:モンスター
場所:B2Fボス戦(B19F依頼達成後)
魔族の少女に飼われているペットらしいが、依頼で助けるとお礼に助太刀してくれる、義理堅い魔物。戦闘に入ってから加入するため、ステータスは不明。

HPはMAXだがTPがなく、代わりにHPを消費する特殊な技を持つ。攻撃技は残りHPの30%、回復技は20%を消費する。また、死んでも次のターンで復活する。

 

④ヒルド

レベル:不明
職業:ガーディアン
場所:B7Fボス戦(クリア後依頼①)
第1作で酒場の店主をしていたヒルド。「ッス」の口調も相変わらずだ。今作では冒険者として登場し、共に目的の赤竜を協力して討伐する。戦闘に入ってから加入するため、ステータスは不明。

ヒルドは、太陽のベルトを装備している可能性もあるが、HPの高さからかなりの高レベルと見受けられる。フリーズンブローと鉄火打ちの習得レベルが高いので、攻撃スキルメインで戦うと良いだろう。

⑤デレク

レベル:不明
職業:ソードマン
場所:B11Fボス戦(クリア後依頼②)
ダンジョンで何度も出会う、メインのサブキャラクター。冒険の終盤で腕前を見せてもらうことになるが、口だけのことはある実力の持ち主だ。戦闘に入ってから加入するため、ステータスは不明。

デレクも、レベル70以上はありそうだ。攻撃と補助をバランスよく習得している。臨機応変に戦うと良いだろう。

盾を装備しているようなので、シールドリベンジなど盾関連のスキルは有効。

エピローグ

ラスボスを倒すと流れる、エピローグのテキスト。

「幾多の閃光が視界を包み、大地が激しく鳴動する。聖樹に封じられし不浄の存在が、光の粒子と化して、迷宮の闇の中に溶けてゆく。
…おめでとう。君たちは滅びの化身たる、太古の魔神を葬り去った。君たちの名は、永遠に語り継がれてゆくことだろう。この迷宮を踏破し、世界の危機を救った勇気ある冒険者として…」

キャラクターの引退

引退についての情報は、クリア後の酒場にいる「鋭い眼差しの刺客」によって明かされる。

引退前には必ず装備を外しておくこと
レベル90以上のキャラクターがいると、冒険者ギルドのメンバー管理の項目に「引退」が追加される。引退させるとそのキャラクターはいなくなる(装備中のアイテムごと抹消されるので注意)が、代わりにボーナスの付いた後継キャラを登録できる。登録方法は新規と同じなので、引退キャラと全く同じ職やデザインにしても良いし、新しく変えても良い。レベルは30スタート。
ボーナスは、全能力が+10、スキルポイントが+8となっている(ボーナスは1キャラ1回のみで、後継キャラが再度引退しても累積はしない)。

隠しコマンド

魔女グルヴェイグ
酒場で、Escキーを押しながら情報収集を選ぶと、魔女グルヴェイグが現れる。魔女の質問にYESと答えると、無条件でパーティ全員のレベルを9つ分ひき上げてもらえる。酒場のメニューに戻ると居なくなるが、いつでも同じコマンドで呼び出せる。

レベルを下げてもらうことは出来ないので、レベルを下げたい場合はギルドで休養しよう。

パート1 ゲーム概要・職業の紹介
パート2 アイテム・素材
パート3 ミッション・依頼
パート4 第1階層・第2階層攻略
パート5 第3階層・第4階層攻略
パート6 クリア後攻略・他

コメントを書き込む


Protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

コメント(4)
  • 4. フリーゲーマー 管理者

    >>3 匿名さん
    修正いたしました。ありがとうございます。

    0
  • 3. 匿名

    >>2
    正確には、高潔の証の直後に使用して、そこから4ターン毎ですね

    0
  • 2. フリーゲーマー 管理者

    >>1 匿名さん
    なるほど。サンダイバーの特性なら取り巻き全部に効くんですね!
    他の職にはあまり詳しくないので、参考になります。

    ヴァルキリーの技は、元々後半戦はあまり検証していなくて適当でした。
    正しい情報があれば、対策もとりやすいですね。
    特殊属性技の行動パターンの所は修正させていただきました。
    正確な情報ありがとうございます。

    0
  • 1. 匿名

    極夜に沈む刻の輪廻、エンペラードラゴンは取り巻きをサンダイバーで殲滅しながら戦うと楽でした。

    攻略wikiの方にも書いてありますが、ヴァルキリーはHP50%以下の時、特殊属性技を4ターンに1回使ってきます。タイミングを合わせてリフレクション&シャドウキャストを使うのもアリかと。

    0
×
×